Core
Coreは、Teradek社が提案するクラウドベースの
ストリーミングメディアマネジメントプラットフォームです。

複数の配信先へ同時ストリーミング

CUBEエンコーダが1台あれば、世界中の複数の宛先へ向けてリアルタイムに映像配信できます。YouTube LiveやFacebook Liveなどのオンライン配信プラットフォームを複数同時に利用して、より多くの視聴者を獲得しましょう。

Core 複数の配信先へ同時ストリーミング

複数台のTeradek製エンコーダ/デコーダを一括管理

CUBEをはじめとするTeradek製、またはサードパーティ製のエンコーダとデコーダを世界のどこからでも視覚的に把握/管理できます。どこからどこへ配信するかはドラッグ&ドロップの簡単操作で実行可能です。

複数台のTeradek製エンコーダ/デコーダを一括管理

HEVCからAVCへのリアルタイムトランスコーディング機能

まだH.264にしか対応していないプラットフォームを使う場合でもCoreなら問題ありません。CUBEのHEVCストリームデータをCoreがH.264データにリアルタイムに変換して、目的のプラットフォームへ向けて送出します。

ネットワークボンディング機能(Sputnikサーバー)

複数回線に分割されバラバラに送られてきたビデオストリームデータを順序よく再構築して再生できるようにするための専用サーバー機能です。
使用したデータ量だけが課金されるオンデマンドシステムなので、固定で「毎月いくら」という支払いは必要ありません。
オプション機能が利用できる専用サービス[Cloud-hosted Sputnik]もあります。

Amazon EC2だから世界中のどこにでも

Coreはアマゾンウェブサービス上で稼働しています。使用する地域に応じてサーバーを起動することができますので、世界中のどこからでもどこへでもスムースな配信を実現します。

録画機能

リアルタイムモニタリング機能

リモート設定機能

Coreの利用について

  • Coreページ( https://core.teradek.com/#welcome)で、お客様ご自身でアカウントを作成しご利用を開始してください。(2019年4月29日より新価格)
  • アカウント作成時にクレジットカードが必要です。

※2019年4月29日からの新プランです。
※それ以前にご契約のお客様は、従来プランのままご利用いただけます。新しいプランへの切替は、Core管理画面からいつでも可能です。

  主な機能 Core2.1 Basic Core2.1 Plus Core2.1 Pro
月額固定費:
$0.00
月額固定費:
$99.00
月額固定費:
$299.00
Outbound data
(アウトバウンドデータ)
◯ボンディング(複数回線束ね)
◯Teradek機器のリモート管理
◯複数宛先への同時配信
$2/GB 100GB未満:
$0.00
100GB以上:
$1/GB
300GB未満:
$0.00
300GB以上:
$0.75/GB
オプション トランスコード HEVCからH.264への変換 $3/hour $3/hour $3/hour
Dedicated
Cloud-Hosted
(クラウドホステッド
専用サーバー)
Sputnik
エンジン
◯レコーディンク
◯ビデオプレビュー
◯固定IP
◯ホスティング地域の選択
◯FB(音声双方向)

※エンコーダの登録は5台まで

$75/month $75/month

(Suputnikエンジンx1が標準機能として含まれているため)

2エンジン目以降$75/month
Helios
エンジン
◯Backup Switcher
(セカンダリーソースへの自動切替)
◯サードパーディ製エンコーダの利用

※エンコーダの登録は5台まで

$75/month $75/month $75/month
Self-hosted
(セルフホステッドサーバー)
◯レコーディング
◯ビデオプレビュー
◯固定IP
◯ホスティング地域の選択
◯FB(音声双方向)

※エンコーダの登録は5台まで

$75/month

※これに加え、
アウトバンドデータ
費用が必要

$75/month

※これに加え、
アウトバンドデータ
費用が必要

$100/month

※アウトバンド
データ費用は不要