製品スペック
Product Specification

BEAM テクニカルスペック

ビデオ圧縮 H.264 Baseline Profile Level 4.2(デインターレース)
システム遅延 エンコーダ/デコーダ間で90〜110msec
無線伝送距離 760m±60m
デジタルビデオ入出力 SD-SDI, HD-SDI, 3G-SDI
ビデオポート エンコーダ:SDI入力, Loop-out デコーダ:SDI出力
ビデオ解像度 SMPTE 244 480i59.94(NTSC), 480i60(861-D)
IEC61179-5 576i50(PAL)
SMPTE 296M 720p23.98, 720p24, 720p25, 720p29.97, 720p30, 720p50, 720p59.94, 720p60
SMPTE 274M 1080i50, 1080i59.94, 1080i60, 1080PsF23.98, 1080PsF24, 1080PsF25, 1080PsF29.97, 1080PsF30, 1080p23.98, 1080p24, 1080p25, 1080p29.97, 1080p30, 1080p50, 1080p59.94, 1080p60
SDI準拠 SMPTE 259M BI.656 SDTV Digital Signal/Data Serial Digital Interface
SMPTE 292M BT.1120 1.5Gb/s Signal/Data Serial Digital Interface
SMPTE 425M 3Gb/s Signal/Data Serial Digital Interface
SMPTE 299M 16bit Digital Audio Format for SMPTE 292M
SMPTE 352M Video Payload Identification for Digital Interfaces
ビットレート RTSP Server 30Mbpsまで
MPEG2-TS Server 15Mbpsまで
主デジタルオーディオ入出力 エンコーダ/デコーダ共 SDIエンベデッドオーディオ:48kHz 16ビット ステレオ リニアPCM
主アナログオーディオ入出力 デコーダ 48kHz 16ビット ステレオ リニアPCM(ミニステレオフォン出力ジャック使用)
音声送り返しオーディオ入出力 エンコーダ/デコーダ共 8kHz 16ビット ステレオ リニアPCM(ミニステレオフォン出力ジャック使用)
無線出力 総出力:150mW(22dBm), 50mW(17dBm)/アンテナ
無線規格 IEEE 802.11a/n:OFDM
周波数 W56(5500〜5700MHz)
アンテナ エンコーダ/デコーダ共 MIMO 3本, 1本あたり WiMi6200TW/W1Mi6200RW
セキュリティ 802.1x, 802.11i, WPA2, WPA and WEP 64/128 TKIP 128ビット AES
WPS 対応
イーサネットLAN 10/100 BASE-TX, RJ-45ジャック
マルチキャスト WiFi使用時:デコーダ4台まで LANケーブル使用時」デコーダ接続数の制限なし
外部コントロール フルデュプレックスRS422シリアルポート
USB 工場出荷時へのリセット, IP設定, ならびにパソコン無しdファームウェアアップグレードする際に使用
電源入力/消費電力 DC 7V-17V/12ワット
重量 エンコーダ:約990g デコーダ:約610g

CUBE/BOLTとの比較

BEAM CUBE-155 BOLT-990
映像圧縮アルゴリズム H.264 Baseline Profile Level 4.2
with de-interlacing
H.264 Baseline,
Main and High Profile
-
最大圧縮ビットレート 50Mbps※1 10Mbps -
ビデオ入力 HD/SD-SDI HD/SD-SDI HD/SD-SDI, HDMI
ビデオ出力 HD/SD-SDI, SDIスルーアウトx1 HD/SD-SDI HD/SD-SDI, HDMI,
SDIスルーアウトx1
無線帯域 5GHz 2.4/5GHz 5GHz
無線最長伝送距離※2 700m ただし設定用 600m
遅延量 2フレーム 4フレーム 0フレーム
V/Goldマウント -
シリアルポート - -
IFB(音声送り返し) ○双方向 ○ Rx→Txのみ、
またSputnikサーバが必要
-
iPadモニタリング - -

1 ワイヤレス伝送は30Mbpsまで。30Mbps超の場合は有線接続が必要。
2 直線見通しの場合のメーカー発表値。伝送距離は周辺の電波環境に依存しますので、すべての環境で最長距離を保証するものではありません。