Sphere
360度モニタリング&ライブストリーミング

Sphereを使って360度ライブコンテンツをiPadでモニタリングしたり、
YoutubeなどのVR対応プラットフォームで配信しましょう

Sphere外観

Sphere 外観
  • Sphere 1台で
    カメラ4台まで

  • iOS用リアルタイム
    スティッチングApp附属

  • 遅延量は4フレーム以下

  • VR動画対応の
    プラットフォームへ配信

  • 自動or手動でのカラー&
    レンズコレクション

Sphere(スフィア)、高品質な360度ライブビデオのための新提案

  • Sphere1台に、最大4台までのカメラを接続可能
  • HDMI入力対応モデルと、SDI入力対応モデルを用意
  • 接続するカメラの電源供給用USBポート x4
  • アナログステレオオーディオ入力 x1
  • 外部電源(Lemoコネクタ) x2
  • 10/100BASE イーサネットポート x2
  • イーサネットポート経由で2台目のSphereをデイジーチェーン可能

※Webへのライブストリーミングには、ライセンス(1000 USD)が必要

独自のスティッチングエンジン搭載

パソコン不要! iOS用のSphereオリジナルスティッチングエンジンで、撮影したパノラマ映像をリアルタイムに360度コンテンツにできます。最大8台までの1080pカメラ映像のつなぎ合わせが可能。PCレスなので最小限の機材で、ロケーションを選ばずに360度動画クリエイトが楽しめます。

独自スティッチングエンジン搭載のSphere

豊富なスティッチングオプション

イメージローテーション調整、エッジアライメントに便利なマルチレンズ補正オプションなど、直感的で操作しやすいインターフェイスのiOSアプリケーションが付属。 360度動画を巧みに微調整できる豊富なパラメータが用意されています。

Sphereの豊富なスティッチングオプション

カラーキャリブレーション設定

接続している各カメラのホワイトバランスや色調、カラープロファイルを、Sphereのアプリケーション上で調整できます。バランス調整したイメージを一斉送信して、すべてのビデオ画像で瞬時にカラーマッチさせるという使い方もできます。

録画機能

スナップショットの保存はSphereのiOSアプリケーションに、またスティッチングした360度ビデオはMP4形式でiPadに録画保存できます。

sphereの録画機能

2台のSphereをデイジーチェーン

イーサネットポートを使ってSphereを2台デイジーチェーンすることで、接続カメラを最大8台まで増やせます。さらに精度の高い360度コンテンツを制作しましょう。

 

製品パッケージ同梱品

●Sphere本体 x1台 (プロテクティブケース入り)

●Sphereマウンティング用
・マウンティングブラケット x1個
・六角穴付ボルト (32x1/4inch) x2個
・Hexレンチ 7/64inch x1本

●ビデオケーブル x4本
・HDMIモデルの場合:Type D(Micro)オス → Type A(Full)オス
・SDIモデルの場合:SDIケーブル(BNC to BNC)

●スーパークランプ x1個

●イーサネットケーブル 1本
●ACアダプター x1式
●クイックスタートガイド(英語版/簡易日本語版)

Sphere製品パッケージ同梱品

Sphereの接続と動作

SphereにはHDMI入力モデルとSDI入力モデルが用意されています。使用するカメラをHDMIまたはSDIケーブルで接続しましょう。ビデオ出力側は、ワイヤレスアクセスポイントに10/100イーサネットケーブルで接続します。1台のSphereに対し、アクセスポイントにWi-Fi接続した複数台のiOSデバイスから、SphereのH.264圧縮映像をモニタリングできます。

Sphereの接続と動作

iPadをワイヤレスアクセスポイントに接続したら、Sphereアプリケーションを起動しましょう。受信可能なSphereのストリームをアプリが自動的に検出します。 ビデオ再生中はこのアプリケーションが、映像のつなぎ合わせやカメラ間のカラーバランスといった映像の微調整を行います。

iPadをワイヤレスアクセスポイントに接続
iPadをワイヤレスアクセスポイントに接続

VRプラットフォームに対応

SphereはVRプラットフォームに対応

最大15Mbpsまでの映像を、YouTubeはもちろん、Wowzaなどの360度互換プラットフォームに配信しましょう。

iPadで360度リアルタイムモニタリング

Sphereは、撮影中のカメラのショットから目を離さないままで、フレームから外れていくものにも注目し続けることができる "360度対応 iOSモニタリングソリューション" です。 専用アプリを使って、様々な方向から360度コンテンツビューを確認することができます。

3つのモニタリングモード:[その1] Rectilinear

「Rectilinearモード」は、まるでVRヘッドセットを装着しているかのように360度コンテンツを体験できるモードです。 手元のiPadをぐるぐると動かせば、視聴者に見てもらいたい360度コンテンツを制作者自身の目でも確認することができます。

3つのモニタリングモード:[その1] Rectilinear

3つのモニタリングモード:[その2] Panoramic

「Panoramicモード」では、360度ライブ映像を1枚のパノラマイメージで表示できます。

3つのモニタリングモード:[その2] Panoramic

3つのモニタリングモード:[その3] Little Planet

「Littele Planetモード」は立体投影モードです。360度映像をまるで小惑星のように表現できます。

3つのモニタリングモード:[その3] Little Planet

複数のiPhoneでモニタリング

Sphereの ”再ストリーム機能” により、複数のiPhoneから360度コンテンツに接続できます。360度仮想体験をお楽しみください。

複数のiPhoneでモニタリング

オプションアイテム

01-0360

01-0360

Sphere Streaming License

11-0789

11-0789

GoPro Hero4用
マウントキット

11-0788

11-0788

GoPro Hero5用
マウントキット

11-0061

11-0061

2-Pin Connector
to 60 Watt AC Adapter
(同梱品と同等)














マニュアルダウンロード














カタログダウンロード