Teradek RT

THE FUTURE OF LENS CONTROL

シネマカメラ レンズコントロールシステム

レンズコントロールシステムは、レンズを動かすレンズモーターと、カメラから離れたオペレータのリモートコントロール信号を
受信してレンズモーターを動作させるレシーバ、オペレータが手に持って操作するコントローラで構成されます。
フォーカス/アイリス/ズームをリモートでコントロールできます。

  • Teradek RTのレンズモーター
  • Teradek RTのレシーバ
  • Teradek RTのコントローラ

上記の写真をクリックいただくとページ内容が切り替わります

Teradek RTのブラッシュレスモータ

THE QUIETEST CINE
LENS MOTORS

超高速回転に、スムースさと精巧さを誇るTeradek RTのレンズモーター。コンパクトで軽量、高速時でも非常に静かに動作するのが特長です。

レンズモーター

  • 超高速、高トルク、静音性の高さを兼ね備えた、シリーズ最新モーターです。
  • 隣り合ったモーターのディジーチェーンが可能。(接続ケーブルを削減できます)
  • マウント/アンマウントが簡単
  • 機能選択ボタン (フォーカス,アイリス,ズーム)
  • 動作確認用LEDインジケータ (フォーカス,アイリス,ズーム)
  • サイズ、重量、トルクのバランスが取れた優秀なモーターです。
  • Teradek RTのすべてのコントローラ、レシーバで利用可
Teradek RTのモータードライバーレシーバ

COMPACT &
LIGHTWEIGHT
RECEIVERS

Teradek RTのモータードライバーレシーバ(MDR)は、どのモデルもコンパクトで軽量。マウントがしやすいうえ、省電力設計です。最大3チャンネル(フォーカス,アイリス,ズーム)に対応しています。

レシーバ

モーター接続数1〜3 2019年Q2発売予定

業界トップクラスの軽さを誇る3チャンネルレシーバーです。各メーカーの業界標準シネマカメラで利用できます。

  • 最大3個のモーターを接続して、フォーカス/アイリス/ズームのコントロールが可能
  • REDカメラコントロール機能
  • レンズ情報表示用の液晶ディスプレイ
  • 専用のiOSアプリケーションからBluetoothで設定が可能
RED専用 モーター接続数1〜3

MDR.ACIは、RED DSMC2用の3チャンネルレシーバモジュールです。LCDタッチスクリーン、プッシュボタン、ジョグウィールから、REDカメラパラメータを制御することができます。同時に3チャンネルレシーバとして動作し、もう1台のMDR.ACIからリモートでカメラレンズをコントロールできます。

  • RED DSMC2にシームレスに装着でき、LCDタッチスクリーンメニューやプッシュボタンから、カメラパラメータの操作が可能
  • 最大3個のモーターを接続して、フォーカス/アイリス/ズームのコントロールが可能
  • もう1台のMDR.ACIを使って、離れたところからカメラパラメータ、カメラレンズのリモートコントロールが可能。無線距離は最長1.5Km
モーター接続数1〜2

RED DSMCとDSMC2カメラコントロールが可能な、小型・軽量デザインの2チャンネルレシーバです。

  • ジンバルでの利用に最適な小型・軽量設計
  • 最大2個のモーターを接続して、フォーカス、アイリスまたはズームのコントロールが可能
  • REDカメラ以外の、各メーカーのシネマカメラで利用可能
モーター接続数1〜2

MDR.Mに、Canon製LP-E6バッテリーが装着可能なプレートが標準装備されたモデルです。

  • ジンバルでの利用に最適な小型・軽量設計
  • 最大2個のモーターを接続して、フォーカス、アイリスまたはズームのコントロールが可能
  • REDカメラ以外の、各メーカーのシネマカメラで利用可能
最大6軸のコントローラ

PRECISE CONTROL

流れるようになめらかで正確なレンズ調整を実現するコントローラです。タフな環境下でも優れたワイヤレスコントロールが可能な2.4GHz FHSS方式を採用しています。

コントローラ

3軸 2019年Q2発売予定

CTRL.3は、レンズマッピング機能とデータ保存領域をビルトインした3軸コントローラーです。Small HD製モニター(OS3で動作するもの)とペアリングでき、主要なレンズデータをモニターにオーバーレイ表示することができます。リモートで設定変更が可能なBluetoothを搭載しています。

  • 3軸コントローラ
  • レンズマッピング機能
  • データストレージ機能
  • 互換のあるSmall HDモニターへのレンズデータオーバーレイ
  • 専用のiOSアプリケーションからBluetoothで設定が可能
1軸

CTRL.1は、レンズマッピング機能とデータ保存領域をビルトインした3軸コントローラです。Small HD製モニター(OS3で動作するもの)とペアリングでき、主要なレンズデータをモニターにオーバーレイ表示することができます。

  • 1軸コントローラ
  • レンズマッピング機能(オプション)
  • データストレージ機能
  • 互換のあるSmall HDモニターへのレンズデータオーバーレイ(オプション)
SMALLHD OVERLAYS

SMALLHD OVERLAYS

CTRL.3とCTRL.1に搭載されている「レンズデータオーバーレイ」は、SmallHD製モニタ(Pagebuilder OS3で動作するもの)に、直接焦点距離、被写体深度、アイリスやズームなどの主要なレンズデータを表示させることができる機能です。

※CTRL.3には標準装備
※CTRL.1の場合は要アップグレード

TERADEK RT FOR IOS

iPhoneやiPadからレンズコントロールシステムを管理しましょう。わかりやすいインターフェイスの専用のiOSアプリケーションでレンズマップの作成、フォーカス/アイリス/ズームの設定、基本カメラコントロールやファームウェアアップデートなど、主要な機能をコントロールできます。

※Bluetooth機能搭載のCTRL.3、MDR.Xのみ

SMALLHD OVERLAYS